ブレスハーフデイ

暮らしのなかで、
自分のそのままの在りように、心底からのYESがあったら、腹まで通る深い呼吸が、身体に満ちてあるでしょう。
ですが、
私たちは、「周りに受け入れられるために息を殺して、その場で適切とされている振舞いをする」ということが、あたりまえの様になっていて、普段は浅い呼吸をしていることがほとんどです。

その身体を、より自然な状態に戻していくために、呼吸に働きかけることは、とても助けになります。

はじめ少しプッシュしますが、途切れることなく呼吸を深く身体に入れていくと、
そのときの、自分の身体や心に必要なことが起こります。
どんなことが起こるのかについて、
いくつかの例と、()に、それらが起こったとき、理解できること、お勧めしていることや、私たちがどんなサポートをしているかを、書いてみますね。


まず、身体のふるえや、しびれ。(→いままで呼吸が行き渡っていなかったところまで呼吸が入ると、起こります。)

呼吸ができない、という感じ。(→息を吐くことに意識を向けていきます)

叫びたいような衝動(→叫んでいただいて大丈夫な会場です)

イライラ、怒りを放出したい(→声や身体の動きをゆるしてください。ご自身や周りの人・物を傷つけない限り、怒りを出し切れるようサポートします。)

あるいは、救いようがないほど心細い感覚に、襲われることもあるかもしれません(→こちらが気づいていなかったら、手を上げて呼んでください。そうすることがいい感じがするなら、手に触れたり、ハートや腹に触れて一緒にいます。)

このように、そのときの自分のありようを、全身でゆるしながら、それを経過していきます。
1時間半かけて体験していく時間は、ダイナミックの呼吸のステージとは、また違ったカタルシスや、スペースにつながることができます。
また、それらの嵐が去ったあとの静けさを、いっしょに味わえたら、と思います。
10月末の土曜日、楽しみにお待ちしています。

ギティカ

【日時】 2019年10月26日(土)
(13:45開場)14時~18時
14:00~呼吸を助けるエクササイズ
15:00~ブレスの説明
15:30~ブレスワーク
17:00~ブレスのあと、そのまま横になって休む。
シェアリング、終了。
※ブレス終了後、18時頃~オプションでクンダリーニを行います。(終了予定19時)

【場所】目黒区内(都立大学駅から徒歩15分)
(お申込みの方に、詳細をご案内します)

【定員】10名

【参加費】
4,500円

ファシリテーター:ギティカ
サポートスタッフ:フィラク

◎持ち物・・・動きやすい服装(着替え)、大判のショールなど

問い合わせ・申し込み先:gitikaosho8☆gmail.com ☆は、@ に変更してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA